home‎ > ‎イベント‎ > ‎

第3回起業製品化公募選定委員会

平成26年度フォトニクスセンター起業・製品化公募について 

平成2425年度に引き続き、平成26年度のフォトニクスセンター発起業・製品化の公募を行います。新たなテーマやビジネスモデル等の提案も大いに受け付けます。学生も奮ってご応募下さい。

採択された提案につきましてはセンター案件としてバックアップさせて頂きます。

 概要

提案書は、科研費申請のような研究課題中心の記述ではなく、これまでの研究成果を踏まえた起業・製品化のビジネスプラン(事業を進めていく上での「戦略」、「優位性」などという側面や、第三者に対して申請者の事業の魅力の訴求、事業に対する協力や支援を求めるときの「説得材料」など)を記述して下さい。

提案要件

2年以内の起業・製品化提案であること。

・フォトニクス関連の起業・製品化提案であること。

提案書項目

・これまでの研究成果が提案の元になること。

A4用紙2ページで簡潔にまとめること。

応募締切 平成25129日(月) 

提出先 フォトニクスセンター坂井までメールにてお願いします。 sakai☆parc.osaka-u.ac.jp ☆を@に変える

プレゼンテーションについて

日時:平成2619日(木)全日

場所:フォトニクスセンター(P3棟)大会議室213(控え室220

発表時間:1人あたり10+質疑応答5

※外部選定委員が審査致します。

※当日のスケジュール詳細につきましては後日改めてご連絡いたします。

 

Photonics Center calls for entries of project plans for business startup / productization in the study of photonics area for FY2014. 

Further to FY2012, 2013, Photonics Center calls for entries of project plans for business startup / productization in the study of photonics area for FY2014.
Proposals for a new theme or business model are more than welcome. Students also can apply for the project.
Please note that the accepted plans will be kept at the Photonics Center as backup data.

 Conditions:
The project plan should be described with a concrete business plan/roadmap based on the achievements of your research, indicating your business plan, strategy and what is the appeal of the product and advantage of your project.

・The business should be started / realized by the end of year 2016.
・The plans should be related to photonics.
・Research outcome/progress to be based on this project.
・The documents to be summed up within 2 pages(A4 sze).
 

Deadline and place for submission

【Deadline】  December 9th, 2013
Please mail to Prof. Sakai:   sakai★parc.osaka-u.ac.jp (★⇒@)


Presentations:
In addition to the project plan entry, presentations are required for our selection board’s review on the date accordingly.
Detailed information regarding presentations will be coming up later.
Date:All day of January 9th, 2014
Place:Photonics Center(P3)Meeting room213  (Anteroom:Room220)
The period of time for presentation:10 min + 5 min(for Qs and As) per person 

Comments