The Advancement of Science and the Cost to Society

 

The other day, I was astonished to read the top news headline on Yahoo! Japan: “A Drug that Will Destroy the Country”. This headline was linked to an article run by the S Newspaper. Thinking that the possibility of just one drug alone causing the downfall of an entire country was extraordinary, I read the article with curiosity. The drug discussed in the article was not a narcotic or stimulant, but rather an anti-cancer drug called O that in recent years has been newly introduced to the Japanese pharmaceutical market by Company O. O is a revolutionary drug with the unprecedented anti-cancer action mechanism of killing cancer by enhancing immune system functioning. Previously existing anti-cancer drugs have targeted cancer cells directly, but they can also attack healthy cells and have many side-effects. In contrast, O acts on immune functioning and has few side-effects and could potentially be effective against a range of cancers; thus, it is generating tremendous expectations as a cancer therapy. A point that we researchers in academia should focus on in particular is that the development of O is based on the research of Prof. Dr. Tasuku Honjo of Kyoto University and is a university-developed pharmaceutical. How can such a wonderful drug “destroy” a country? The answer is that the dug is incredibly expensive. Although the cost apparently depends on the number of times it is administered, O costs 35 million yen per patient per year. The article described how this fact became an issue in a Ministry of Finance meeting.


view more


May 13th, 2016
Yuichiro Hori, Associate Professor
Division of Advanced Science and Biotechnology
Graduate School of Engineering, Osaka University

Next events

datetitleplace
2016/08/01 49th Photonics Colloquium Photonics Center (P3), Suita Campus, Osaka University 
2016/10/03 50th Photonics Colloquium Photonics Center (P3), Suita Campus, Osaka University 
2016/12/05 51st Photonics Colloquium Photonics Center (P3), Suita Campus, Osaka University 
2016/11/30-12/01 Global Nanophotonics 2016 12F, Conference Hall, Osaka International Convention Center(Grand Cube Osaka)  
2016/11/28-29 C2C Global Nanophotonics Student Conference 2016 Photonics Center (P3), Suita Campus, Osaka University 
Showing 5 items from page Events sorted by edit time. View more »

News in English

  • We held TLT (Tuesday Lunch Time) on July 12th. Tuesday, 2016. We held TMT (Tuesday Morning Tea) regularly on Tuesday morning, in order to provide opportunities for professors, company researchers and students to interact and share the research information. As a special version of TMT, we held a lunch time gathering “TLT (Tuesday Lunch Time”) on July 12th with complimentary sandwiches, doughnut and coffee.  Nearly total of 40 participants enjoyed conversation and sharing the information in a relaxed atmosphere.
    Posted Jul 19, 2016, 1:06 AM by 田中千秋
  • We held the 48th colloquium on 6th June. We had honor to welcome Mr. Kiichi Kometani from Ueno Fine Chemical Industry, Ltd, which is a member of Photonics Center, and Professor Kazuto Yamauchi as a new member Laboratory of Photonics Center.Mr. Kometani gave a lecture about Super Engineering Plastic "Ueno LCP" with passing the samples of the product. Participants could understand what Ueno Fine Chemical Industry, Ltd. produce by ear and eye. Professor Yamauchi spoke about their laboratory's research activity which was titled "Formation of Micro Beam by Synchrotron Radiation X-ray". Especially the speech about high-precision processing technology attracted the interest of participants from member companies.Some of participants said "he could understand LCP", "he found the excellence of the research" in questionnaires. We ...
    Posted Jun 6, 2016, 6:56 PM by 倉田早織
  • We had a visit from the Tsuyama High School (Super Science High School designated by JST) On March 29th, we had a visit of about 50 students from the Tsunami High School of Okayama prefecture ("Super Science High School" designated by JST).Professor Takahara gave a general explanation of Photonics Center and introduced various activities and research contents.  Then, a laboratory tour followed to show the 3-D Printer, Optical laboratory, Clean Room and Electronic Beam Exposure Equipment and Bio-Photonics Room.Gathering around 3-D Printer, Students picked up those samples with curiosity.
    Posted Apr 5, 2016, 12:13 AM by PARC Osaka University
  • We held 47th colloquium on 4th April We held the 47th colloquium on 4th April, which is the first colloquium in 2016.We had honor to welcome Prof. Yasushi Yagi, and gave a lecture themed "Constitution of the Datability frontier institution", which is Handai's New strategy on Research Activities. After the lecture, we had panel discussion with Prof. Yagi, Prof. Yasuo Kanematsu, the Innovation Director, Office for University-Industry Collaboration, Osaka University, Prof Eiichi Tamiya, Vice Director of Photonics Center, and Mr. Junichiro Nakayama, Unit General Manager, Advanced Technology Research Laboratories, SHARP Corporation.The questionnaire says, though he had a lack of understanding "Datability", he came to know as much about it. Another says he is expecting much toward Photonics Center's way to involve the ...
    Posted Apr 4, 2016, 5:27 PM by 倉田早織
  • Student staffs of the 6th Kid's Photonics School "Super HIKARI JUKU" ( Nov. 23rd, 2015 ) were officially commended. Student staffs of the 6th Kid's Photonics School "Super HIKARI JUKU" ( Nov. 23rd, 2015 ) were officially commended by the Graduate School of Engineering, Osaka University.They were awarded a prize because of not only quality of the lecture but also outreach activity.The commendation ceremony was held on March 24th, 2016 and General manager and assistants of GM participated as a representative for student staffs. Professor Tanaka, Dean of the Graduated School of Engineering, honored them for their achievements.
    Posted Mar 23, 2016, 9:27 PM by 倉田早織
Showing posts 1 - 5 of 147. View more »








科学の発展と社会のコスト

 

先日、Yahooのトップニュースをみて驚いた。「1剤が国を滅ぼす」これは、原典がS新聞の記事の見出しだ。たった一つの薬が国の破綻につながるというとは、尋常ならざることだと思い、その中身を読んでみた。そこに書いてあった薬は、麻薬や覚せい剤の類ではなく、近年、O薬品から新たに販売された抗癌剤Oという薬であった。Oは、免疫機能を活性化させ癌を死滅させるこれまでにない抗癌機序を持つ画期的なものだ。これまでの抗癌剤は、癌細胞そのものを標的とする一方、正常細胞に対しても作用し副作用が多いことが問題であった。これに対し、免疫機能に作用するOは、副作用が少ないことや様々な癌に効く可能性があることから、癌治療における大きな期待を集めている。我々アカデミアの研究者が特に注目すべき点は、Oの開発は、京都大の本庶先生の研究が元になっており、大学発の医薬品であることだ。このような素晴らしい医薬品がなぜ、国を滅ぼすのか?その答えは、あまりにも高価であるということだ。使用回数にもよるようだが、なんと、患者一人当たり1年間で3500万円もかかるとのことだ。このことが、財務省の会議室で問題となったと記事は伝えている。




2016年5月13日
堀 雄一郎  准教授
大阪大学大学院工学研究科
生命先端工学専攻

次のイベント

日時タイトル場所
2016/08/01 第49回フォトニクス・コロキアム 大阪大学フォトニクスセンター(P3) Rm213 
2016/10/03 第50回フォトニクス・コロキアム 大阪大学フォトニクスセンター(P3) Rm213 
2016/11/28-29 C2C Global Nanophotonics Student Conference 2016 大阪大学フォトニクスセンター(P3) 
2016/11/30-12/01 Global Nanophotonics 2016 大阪国際会議場(グランキューブ大阪) 12F 特別会議場 
2016/12/05 第51回フォトニクス・コロキアム 大阪大学フォトニクスセンター(P3) Rm213 
Showing 5 items from page イベント sorted by 日時, タイトル. View more »

ニュースヘッドライン

  • スペシャル企画ランチタイムTMT 開催しました 教員、企業研究者、学生の皆様の研究成果の情報交換と交流の場として、毎週火曜日の朝に、TMT(Tuesday Morning Tea)を開催させていただいておりますが、7月12日(火)は、特別企画として、ランチタイムにTLT(Tuesday Lunch Time)開催いたしました。   ランチタイムということもあり、教員、企業研究者、学生、総勢40名程の方に参加いただきました。いつもとは少し趣向を変えたサンドイッチやドーナツなどの軽食を楽しまれながら、アットホームな雰囲気の中、研究成果についての情報交換の活発な交流が行われました
    Posted Jul 14, 2016, 10:08 PM by Kyoko Barnett
  • 6月6日に第48回フォトニクス・コロキアムが開催されました フォトニクスセンターのパートナー企業である上野製薬株式会社様より、LCP事業部長の米谷起一様と、今年度より新たにメンバー研究室としてご参画頂いた、大阪大学大学院工学研究科精密科学・応用物理学専攻の山内和人教授をお迎えし、ご講演を頂きました。上野製薬株式会社様からは、スーパーエンジニアリングプラスチックである「ウエノLCP」のご紹介を頂き、実物のサンプルを聴講者に実際に見て頂きながら、どのような用途で使用されているのかを目で理解出来るご講演をして頂きました。山内教授からは「放射光X線の微小ビーム形成」と題したご講演を頂き、山内研究室がどのような研究活動をされているのかのご紹介をいただきました。特に精密加工についての講演内容は ...
    Posted Jun 6, 2016, 6:54 PM by 倉田早織
  • 岡山県立津山高等学校SSH(スーパーサイエンスハイスクール)の生徒が見学に来られました 3月29日、昨年同様今年も岡山県立津山高等学校のSSH(スーパーサイエンスハイスクール)の生徒さんが、総勢約50名程の一行でフォトニクスセンターの見学に来られました。高原教授によりセンターの全体説明が行なわれ活発な活動や研究内容が紹介されました。その後、3Dプリンタ、光学実験室、クリーンルームと電子ビーム露光装置、バイオフォトニクスの部屋を見学するラボツアーを実施しました。3Dプリンタを囲みながら興味津々にサンプルを手に取る様子。こちらはバイオフォトニクスの部屋です。弊センター技術職員からラマン顕微鏡の紹介を受けています。最新鋭のフォトニクスの機器、充実した実験設備に感銘を受けた様子でした。
    Posted Jul 12, 2016, 11:24 PM by PARC Osaka University
  • 47thコロキアムを開催しました 4月4日に2016年度最初の開催となる第47回フォトニクス・コロキアムを行いました。大阪大学理事・副学長の八木康史教授をお迎えし、コロキアム前半には新年度の阪大研究戦略であるデータビリティフロンティア機構についての講演をして頂きました。後半には八木理事、産学連携本部イノベーション部長兼松泰男教授、フォトニクスセンター副センター長民谷栄一教授、シャープ株式会社先端技術研究所長中山純一郎様の4名によるパネルディスカッションが行われ、新戦略について理解を深める議論が交わされました。開催後のアンケートには、データビリティという言葉に親しみが薄く、理解が薄かったが、勉強になったという意見が多く寄せられました ...
    Posted Apr 4, 2016, 5:25 PM by 倉田早織
  • 第6回こども科学の教室「スーパー光塾」の学生スタッフが工学研究科長表彰を受けました。 第6回こども科学の教室「スーパー光塾」の学生スタッフが工学研究科長表彰を受けました。地域の小学生を対象に、学生が主体となって行われたこの光塾について、その内容のレベルの高さはもちろん、アウトリーチ活動としても高評価を受けての受賞となりました。表彰式は2016年3月24日に執り行われ、学生スタッフ代表として統括・統括補佐の2名が式に参加し、大阪大学工学研究科長田中敏宏教授より表彰されました。
    Posted Mar 23, 2016, 9:42 PM by 倉田早織
Showing posts 1 - 5 of 170. View more »




Comments