Research on Magnetic Computers

 

Most functions in the computers that we use in our daily lives are implemented with semiconductor devices. If we could replace these semiconductor devices with magnetic devices, we could build a computer that is highly resistant to radiation and that uses very little energy, requiring no power to preserve information. While such a computer may or may not be feasible, our lab was presented with the opportunity to conduct research on magnetic computers.


I believe it was in the year 2001. A former professor had just returned from a business trip overseas and informed us that they were studying the use of magnets in logical operations there. However, magnetic bodies was not this professor’s specialty, and it was apparent that he understood little of the research and could offer no further information than the two keywords “magnets” and “operations.” There were a few ideas at that time, albeit few, for using tiny magnetic bodies and magnetic wires to perform computations. However, I had drawn no connections between the two since these devices had a long way to go before being useful for calculations. At some point, it struck me that we may be able to perform computations with small magnets if we packed several of them close together. The outcome may have been different had we first studied the existing research.



April 12, 2016
Ryoichi Nakatani, Professor
Division of Materials and Manufacturing Science
Graduate School of Engineering, Osaka University

Next events

datetitleplace
2016/06/06 48th colloquium Photonics Center (P3), Suita Campus, Osaka University 
Showing 1 items from page Events sorted by edit time. View more »

News in English

  • We had a visit from the Tsuyama High School (Super Science High School designated by JST) On March 29th, we had a visit of about 50 students from the Tsunami High School of Okayama prefecture ("Super Science High School" designated by JST).Professor Takahara gave a general explanation of Photonics Center and introduced various activities and research contents.  Then, a laboratory tour followed to show the 3-D Printer, Optical laboratory, Clean Room and Electronic Beam Exposure Equipment and Bio-Photonics Room.Gathering around 3-D Printer, Students picked up those samples with curiosity.
    Posted Apr 5, 2016, 12:13 AM by フォトニクスセンター eラーニング
  • We held 47th colloquium on 4th April We held the 47th colloquium on 4th April, which is the first colloquium in 2016.We had honor to welcome Prof. Yasushi Yagi, and gave a lecture themed "Constitution of the Datability frontier institution", which is Handai's New strategy on Research Activities. After the lecture, we had panel discussion with Prof. Yagi, Prof. Yasuo Kanematsu, the Innovation Director, Office for University-Industry Collaboration, Osaka University, Prof Eiichi Tamiya, Vice Director of Photonics Center, and Mr. Junichiro Nakayama, Unit General Manager, Advanced Technology Research Laboratories, SHARP Corporation.The questionnaire says, though he had a lack of understanding "Datability", he came to know as much about it. Another says he is expecting much toward Photonics Center's way to involve the ...
    Posted Apr 4, 2016, 5:27 PM by 倉田早織
  • Student staffs of the 6th Kid's Photonics School "Super HIKARI JUKU" ( Nov. 23rd, 2015 ) were officially commended. Student staffs of the 6th Kid's Photonics School "Super HIKARI JUKU" ( Nov. 23rd, 2015 ) were officially commended by the Graduate School of Engineering, Osaka University.They were awarded a prize because of not only quality of the lecture but also outreach activity.The commendation ceremony was held on March 24th, 2016 and General manager and assistants of GM participated as a representative for student staffs. Professor Tanaka, Dean of the Graduated School of Engineering, honored them for their achievements.
    Posted Mar 23, 2016, 9:27 PM by 倉田早織
  • Introduced the joint research on 3D nanofabrication on Handai HP Introduced the joint research on 3D nanofabrication as “Hitting the bull’s eye with 3D nano fabrication” at Research Highlight section on “Resou”, Osaka University HP. 【PARC Website Research Topics】https://sites.google.com/site/photonicscenterphotogallery/research-2014
    Posted Mar 17, 2016, 12:05 AM by フォトニクスセンター eラーニング
  • SOSHO to establish SOSHO CHOKO, a new start-up company mainly for manufacturing and sales of CLBO   SOSHO CHOKO, Inc., a new venture company at Osaka University, that produces and sells high quality nonlinear optical crystals Osaka-CLBO (CsLiB6O10) for next generation deep ultraviolet light (266 nm) sources is established March 1st as reported by Nikkan Kogyo Shimbun (日刊工業新聞, The Business & Technology Daily News (in Japanese)) on Feb. 26th, 2016. The program for photonics startups and productization at the Photonics Center supported to develop crystal growth technology of the Osaka-CLBO.
    Posted Feb 29, 2016, 11:32 PM by parc osaka
Showing posts 1 - 5 of 145. View more »








磁性コンピュータの研究

 

 皆さんが毎日のように使っているコンピュータの機能の多くは半導体デバイスによって行われています。これを磁性デバイスで置き換えると、放射線に極めて強く、情報保持に電力が不要で、消費エネルギーの低いコンピュータを作ることができます。実現できるかどうかわかりませんが、私たちの研究室では、あるきっかけで、この研究を始めました。

 おそらく、2001年だと思います。前任の教授が海外出張から帰り、「磁石で演算する研究がある。」と言うのです。しかし、その教授は磁性体は専門ではないので理解しなかったらしく、「磁石」、「演算」という2つのキーワードのみで、それ以外の情報がありません。当時、微小磁性体や磁性ワイヤを用いた演算という概念は少ないですが存在していました。しかし、演算ということには、まだ程遠い状態でしたから、それらについては連想しませんでした。思いついたのは、複数の微小磁性体を近接して作製すれば演算になりそうだなということです。過去のことを先に調べ始めれば、違った結果になったかもしれません。



2016年4月12日
中谷亮一教授
大阪大学工学研究科
マテリアル生産科学専攻

次のイベント

日時タイトル場所
2016/06/06 第48回フォトニクス・コロキアム 大阪大学フォトニクスセンター(P3) Rm213 
Showing 1 items from page イベント sorted by 日時, タイトル. View more »

ニュースヘッドライン

  • 岡山県立津山高等学校SSH(スーパーサイエンスハイスクール)の生徒が見学に来られました 3月29日、昨年同様今年も岡山県立津山高等学校のSSH(スーパーサイエンスハイスクール)の生徒さんが、総勢約50名程の一行でフォトニクスセンターの見学に来られました。高原教授によりセンターの全体説明が行なわれ活発な活動や研究内容が紹介されました。その後、3Dプリンタ、光学実験室、クリーンルームと電子ビーム露光装置、バイオフォトニクスの部屋を見学するラボツアーを実施しました。3Dプリンタを囲みながら興味津々にサンプルを手に取る様子。こちらはバイオフォトニクスの部屋です。弊センター技術職員からラマン顕微鏡の紹介を受けています。最新鋭のフォトニクスの機器、充実した実験設備に感銘を受けた様子でした。
    Posted Apr 4, 2016, 7:22 PM by フォトニクスセンター eラーニング
  • 47thコロキアムを開催しました 4月4日に2016年度最初の開催となる第47回フォトニクス・コロキアムを行いました。大阪大学理事・副学長の八木康史教授をお迎えし、コロキアム前半には新年度の阪大研究戦略であるデータビリティフロンティア機構についての講演をして頂きました。後半には八木理事、産学連携本部イノベーション部長兼松泰男教授、フォトニクスセンター副センター長民谷栄一教授、シャープ株式会社先端技術研究所長中山純一郎様の4名によるパネルディスカッションが行われ、新戦略について理解を深める議論が交わされました。開催後のアンケートには、データビリティという言葉に親しみが薄く、理解が薄かったが、勉強になったという意見が多く寄せられました ...
    Posted Apr 4, 2016, 5:25 PM by 倉田早織
  • 第6回こども科学の教室「スーパー光塾」の学生スタッフが工学研究科長表彰を受けました。 第6回こども科学の教室「スーパー光塾」の学生スタッフが工学研究科長表彰を受けました。地域の小学生を対象に、学生が主体となって行われたこの光塾について、その内容のレベルの高さはもちろん、アウトリーチ活動としても高評価を受けての受賞となりました。表彰式は2016年3月24日に執り行われ、学生スタッフ代表として統括・統括補佐の2名が式に参加し、大阪大学工学研究科長田中敏宏教授より表彰されました。
    Posted Mar 23, 2016, 9:42 PM by 倉田早織
  • 本学研究紹介サイト"ReSou"に3D nanofabricationの研究が紹介されました 本学研究紹介サイト、Resouの「Research Highlights」に現在大阪大学国際共同研究促進プログラムによって支援されています、河田聡教授とSekkat Zouheir教授の共著論文が紹介されました。“Hitting the bull’s eye with 3D nano fabrication" 【PARC HP 研究紹介】https://sites.google.com/site/photonicscenterphotogallery/research ...
    Posted Mar 17, 2016, 12:04 AM by フォトニクスセンター eラーニング
  • 【創晶】高品質光学結晶を製販 --半導体装置向けベンチャー設立 紫外線レーザ発振に用いるCLBO結晶の製造・販売を手がけるベンチャー「創晶超光」の設立に関する記事が日刊工業新聞2016年2月26日に掲載されました。
    Posted Feb 29, 2016, 10:56 PM by フォトニクスセンター eラーニング
Showing posts 1 - 5 of 168. View more »




Comments