Photonics Centers in the World

Focus
The Photonics Center, Osaka University has a strong international focus, and has working collaborations with many other photonics centers and optics researchers around the world. Within the Photonics Center, Osaka University is a highly international environment in which researchers from Australia, China, India, Morocco, Philippine and Tunisia work together. A group of graduate students within the Photonics Center, Osaka University established the Osaka University OSA Student Chapter in 2008, the first OSA student chapter in Japan.

MoU Partners in the World



(Project for promoting international joint research, Osaka University, April 1st, 2014 - March 31st, 2017

OpticsPhotonics Center,Moroccan Foundation for Advanced Science,

Innovation and Research(MAScIR)

University of Mohammed V, RabatFaculty of Sciences

Photonics, the successor to electronics in the 20th century, is now moving into the spotlight to lead science, industry, and society in the 21st century. By this research project, searched and studied are new nano optical/photonic functions originating from the interaction of photon and nano-structured materials. We, in the fields of physics, chemistry, biotechnology, electrotechnology, and devices jointly promote research and education on this new department crossing target: Nano-functional Photonics and contribute to development of the 8th division of the Institute for Academic Initiatives, Osaka University. Encouraged are intimate research discussions among young researchers of the Moroccan Institute/University and Osaka University, expansion of research/educational network, and development of young talented nano-photonics researchers.

 Number of people coming from Morocco
 Number of days
 Number of people visiting Morocco
Number of days
FY2014 7       203 14 70
FY2015 4 411 1 62
FY2016
    
Total 11 614 15    132


*JSPS Asian CORE Activities
 (Japan Society for Promotion of Science)

2011-2015

Program title: "Advanced Nanophotonics Research and Education Center in Asia"

Core institutions:

  • Japan: Osaka University
  • China: Technical Institute of Physics and Chemistry, Chinese Academy of Science
  • Taiwan:  Research Center for Applied Science, Academia Sinica
  • SingaporeThe Center for Disruptive Photonic Technology (CDPT), Nanyang Technological University
Coordinator:  Satoshi Kawata, Photonics Center, Osaka University

 Osaka University’s Photonics Center has teamed up with leading universities and research institutes in Asia to form a center of advanced nanophotonics research (“Phlasmonics Nanophotonics”, “Optical Materials and Nanofabricaton”, “Plasmonic Device”, and “Metamaterials”) and education in Asia, where a diverse group of researchers engaged in cross-sectoral advanced photonics research involving physics, chemistry, medical science, and electric engineering will be assembled.  We achieved our goal of creating a research network to lead research in the field of photonics, which underpins the science and technology of the 21st century.

In 2013, we were awarded interim appraisal A. 


Researcher exchange report of Asia Core Program


FY2011
  Country  Number of people Accumulated number of people 
 Japan -> China  16  96
Japan -> Taiwan   28  170
Japan -> Korea   4  4
Japan -> U.S.A.   1
China -> Japan   32  125
 Taiwan -> Japan  16  214
 Total  97  610

 FY2012
 Country  Number of people  Accumulated number of people
 Japan -> China  3
Japan -> Taiwan   7  101
 Japan -> Morocco  7  41
 China -> Japan 30   142
 Taiwan -> Japan  21  657
 Morocco -> Japan  2  16
Italy -> Japan   9
U.S.A. -> Japan  7
 Korea -> Japan  3
 Total  71  979


FY2013
Country      Number of people   Accumulated number of people
 Japan -> China  23 89 
 Japan -> Taiwan 24  200 
 China -> Japan  8 227 
Taiwan -> Japan  783 
 Total  62  1299


FY2014
 Country  Number of people
Accumulated number of
people 
 Japan -> China  4 30 
 Japan -> Taiwan  7 155 
 Japan -> Singapore 23 104 
 Japan -> India  14
 China -> Japan  7  150
 Taiwan -> Japan 11   209
 Total  54  662


FY2015
 Country  Number of people Accumulated number of people 
 Japan -> China  4 19 
 Japan -> Taiwan  13 143 
Japan -> Singapore   1  4
 China -> Japan  23  104
 Taiwan -> Japan  21  344
 Singapore -> Japan 17   82
 Total  79  696
 

▪️Total Numbers for 5 years (FY2011-FY2015)
     363 people / 4,246 accumulated people
取り組み
大阪大学フォトニクスセンターは、世界各地のフォトニクスセンターや、光学研究者との提携を進めています。 当センターでもオーストラリア、中国、インド、モロッコ、フィリピン、チュニジアから研究者を受け入れ、共同研究をしています。また、2008年には大阪大学院生により、日本で初めてOSA(アメリカ光学会)学生支部が発足しました。




ファンクショナル・フォトニクス:ナノ光機能の探索と学術展開
(H26年度 大阪大学 国際共同研究促進プログラム)
採択期間 H27.04.01〜H29.03.31

【相手先機関】

モロッコ先端科学イノベーション研究機関 Optics&Photonics Center, MAScIR

モハメド 5世大学 理学研究科,モロッコ

【研究代表者】

Prof Sekkat ZOUHEIR

光 は人を包み込むように優しくふりそそぐと同時に、科学技術の基盤として活用され、その応用はあらゆる分野に拡がっています。本研究では、光子(フォトン) とナノ構造体の相互作用から生み出される新しいナノ光機能を探索し、その学術展開をはかります。ナノ領域での驚異的な光の増強、未知の非線形効果、金属な どのプラズモニックな新奇効果、周波数・偏光を利用したナノ空間の計測・制御などが挙げられ、物理、化学、バイオメディカル、電気、デバイス等、分野横断 的に共同研究・教育を推進します。モロッコ・阪大若手研究者の研究討論を重ね、研究教育ネットワークを強化し、ナノフォトニクスの人材を育成します。 

 
  受入人数 受入日数 派遣人数派遣日数
 平成26年度 7       203 14 70
 平成27年度 4 411 1 62
 平成28年度    
 合計 11 614 15    132

アジア先進ナノフォトニクス研究拠点
(日本学術振興会 アジア研究教育拠点事業)

平成23−27年

〔日本側拠点機関〕大阪大学 

〔台湾側拠点機関名〕 中央研究院 応用科学中心、

〔シンガポール拠点機関名〕南洋理工大学 革新的フォトン工学センター 

〔コーディネーター〕大阪大学フォトニクスセンター 河田 聡

日本、中国、台湾、シンガポールの連携により、先進ナノフォトニクス研究の4テーマ「プラズモニクス・ナノフォトニクス研究」、「光材料とナノ加工」、「プラズモニックデバイス」、「メタマテリアル」の融合研究を推進しました。さらに、学生カンファレンス、国際シンポジウム、研究者交流を有効に活用し、4拠点機関、各協力機関、協力研究者の研究者、大学院生の交流とネットワーク強化を行い、物理、化学、医学、電気の分野で横断的な先進ナノフォトニクス研究教育拠点を形成し、21世紀の科学技術の基盤となるフォトニクス研究を先導しうる研究ネットワーク・人的ネットワークを今後も継続的に発展できる体制を構築しました。 

・平成25年度アジア研究教育拠点事業の中間評価で当事業は総合的評価:A(最高ランク)を得ました


 
 アジアコア事業、交流実績報告

      ■平成23年度 交流実績■
    人数 延べ人数
 派遣 日本→中国
16人 96人日
派遣  日本→台湾 28人 170人日
派遣  日本→韓国 4人 4人日
派遣  日本→アメリカ 1人
1人日
受入   中国→日本  32人  125人日
受入  台湾→日本 16人 214人日 
   合計 97人  610人日
 
 
          ■平成24年度 交流実績■
   国  人数  延べ人数
 派遣  日本→中国 1人 3人日
 派遣 日本→台湾   7人 101名 
 派遣 日本→モロッコ   7人  41名
 受入 中国→日本   30人 142名 
受入  台湾→日本  21人  657名
受入  モロッコ→日本  2人  16名
 受入  イタリア→日本  1人  9名
 受入  アメリカ→日本 1人  7名
受入  韓国→日本 1人   3名
   合計 71名   979人日


     ■平成25年度 交流実績■
   国    
 人数 延べ人数 
派遣 日本→中国  23人  89人日
 派遣 日本→台湾   24人 200人日 
 受入  中国→日本  8人 227人日 
 受入 台湾→日本   7人
783人人日 
   合計     62人  1299人日 

           ■平成26年度 交流実績■
   国  人数  延べ人数 
 派遣  日本→中国  4人  30人日
派遣   日本→台湾  7人  155人日
 派遣  日本→シンガポール 23人   104人日
 派遣  日本→インド 2人   14人日
 受入 中国→日本   7人  150人日
 受入 台湾→日本  11人 209人日
   合計     54人    662人日

           ■平成27年度 交流実績■
     人数      延べ人数
 派遣  日本→中国  4人 19人日
 派遣  日本→台湾  13人  143人日
 派遣  日本→シンガポール  1人  4人日
受入  中国→日本   23人  104人日
受入  台湾→日本   21人 344人日 
受入   シンガポール→日本 17人  82人日
   合計 79人  696人日 

▪️5年間交流実績(H23−H27年度)
363人/4,246人日


















新しい投稿
 
 Subscribe to posts
Your draft posts: 無題無題無題

まだ投稿はありません。[投稿を追加] ボタンをクリックして投稿してください。

4 列 x 8 行
International
8:59 下書き保存