資料7 光学・フォトニクスを推し進めるために米国連邦議会での説明会

光学・フォトニクスを推し進めるために米国連邦議会での説明会
9月12日 2012年 アメリカ物理学会レーザー科学部門、OSA、SPIE、IEEE-Photonics

出典 Capitol Hill Briefing Boosts Optics and Photonics
http://www.aps.org/publications/apsnews/201210/capitol-hill.cfm
日本語抜粋資料作成:フォトニクスセンター

タイトル:"光学とフォトニクス:米国に必要不可欠なテクノロジー"

「レポートを作成した委員会は連邦政府がフォトニクスにおける統合イニシアティブを構築するよう求めています。2000年に設立された国家ナノテクノロジー•イニシアティブの戦略計画と比較したビジョンを提出しています。」

「世界の他の国々では、フォトニクス産業のための戦略的な計画を策定している:台湾、中国、ドイツは新しい光学とフォトニクス技術の研究にかなりの投資を行っています。EUにおいては光学とフォトニクスの非常に強力かつ持続的な絞られた戦略があります。」

「報告書の主な勧告の1つは、光学・フォトニクス産業化の経済的インパクトを十分に認識して情報を知らせ続けることを国家イニシアティブに求めることです。(中略)新しい光学・フォトニクスは、インターネットのスピードを100倍速くし、3Dプリンティングとして知られている積層造形法の普及、従来の電球を代替するLEDの高効率化、低価格化、また監視のための新しい防衛技術や宇宙通信などの中心技術であります。」

「トム•ベーア、スタンフォードフォトニクス研究センター長は、光学とフォトニクス研究の医療面での貢献を強調しました:新しい手法により、医療コストを削減し私たちの寿命を向上させる可能性を秘めています。」
Comments