3Dプリンタの用途は試作だけではありません

最近話題の3Dプリンタですが、試作段階での模型作りの用途だけではなく、
3Dプリンタを使って超精密部品のAFMのヘッドを作ることができるという発表がありました。


分子のレベルで生体試料などを観察できるAFM(原子間力顕微鏡)のヘッド部分を作製。アルミから切り出した部品と遜色ない性能が確認されています。









  AFM(原子間力顕微鏡)のヘッド 上 アルミ製、下 プリンターで作ったプラスティック製

Print your atomic force microscope
Rev. Sci. Instrum. 78, 075105 (2007); 
http://dx.doi.org/10.1063/1.2751099
Comments