2013フォトニクス世界市場 by フォトニクスクラスタ(独)

Photonics Cluster

Industry Report Photonics 2013 - Market data of a Key Enabling Technology

12.06.2013

The recently published industry report "Photonics2013" analyzed the performance of ten different Photonics sectors since 2005 and confirmed strong growth in comparison to world GDP growth over the same period. This analysis also provided a forecast to 2020 for the future growth prospects of a range of optical technologies, collectively grouped under the heading "Photonics".
According to the study, the world photonics market reached a level of 350 billion Euro in 2011, which, when compared to 228 billion Euro in 2005, corresponds to an average yearly growth rate of 6.5 % in real terms. Therefore photonics grew twice as fast as World GDP, and by 2010/2011 it had already been restored to its 2008 pre-financial crisis level.
The European photonics industry has a leading position in core segments. Since 2005, North America and Japan have clearly lost world market share. Europe with its market share of 18 % was able to defend its global position ahead of North America’s 12 % share.
Europe has excellent global position in following core segments:

  • In Production Technology Europe has a global share of 55 %, demonstrating its lead in the laser systems, lasers and lithography segments.
  • Europe has a 40 % share in Optical Components & Systems.
  • In Measurement & Automated vision European companies take 35 % of the market.
  • In Medical Technology & Life Sciences the European market share stands at 30 %.






業界レポートフォトニクス2013 - 主要実現技術の市場データ

フォトニクスクラスタ(独)

http://optik-bb.de.dd21928.kasserver.com/en/content/industry-report-photonics-2013-market-data-key-enabling-technology

 (和訳:フォトニクスセンター)

2013612

最近発表された業界レポート"Photonics2013"2005年から10の異なるフォトニクス部門のパフォーマンスを分析し、同じ期間に世界のGDP成長率と比較して堅調な成長を確認した。この分析は、また"フォトニクス"の下にグループ化された光技術の領域の将来の成長見通しのために、2020年までの予測を提供した。
調査によると、世界のフォトニクス市場は2011年に3500億ユーロ(45兆5千億円)のレベルに達し、2005年の2,280億ユーロと比較すると、実質ベースで6.5%の年平均成長率に対応しています。したがって、フォトニクスは世界GDP2倍の速さで成長し、2010/2011で、すでに2008年の金融危機前のレベルに復元されていた。
欧州フォトニクス業界はコアセグメントで主導的な地位を持っています。2005年以来、北米と日本は明らかに世界市場シェアを失っている。欧州は18%の市場シェアを持ち、北米の12%シェアを上回りグローバルポジションを守ることができました。
ヨーロッパは次のようにコアセグメントで優れたグローバルポジションがあります:

  • 生産技術では、ヨーロッパは、レーザーシステム、レーザーやリソグラフィーセグメントでそのリードを実証し、55%の世界シェアを持っています。
  • 欧州は光学部品&システムでは40%のシェアを持っています。
  • 測定&自動化ビジョンでは欧州企業は、市場の35%を取っています。
  • 医療技術&ライフサイエンスでは、欧州の市場シェアは30%を占めます。

データ1
2005, 2011 and 2020(予測)のフォトニクス世界市場

2280億ユーロ、3500億ユーロ、6150億ユーロ
29兆6千4百億円、45兆5千億円、80兆円


データ2
主要分野の各国の2011 vs. 2005シェア
Production oriented Photonics,
日本が首位

Information Technology oriented Photonics,
日本が首位から韓国、中国、台湾が並ぶ
Comments