PARC project‎ > ‎

相互浸透型協働システム

フォトニクス先端融合研究拠点に、フォトニクス先端融合研究センターを中核施設として設立しました。フォトニクス先端融合研究センターは、フォトニクス研 究に関わる先端融合領域のイノベーション創出に必要となる、効率的な産学協働システム、ならびに人材育成プログラムの確立を目指します。学内に協働機関に 開放する研究スペースを配置し、物理的な融合空間を創造するとともに、教員や学生を協働機関へ一定期間派遣する、相互浸透型の協働システムを構築します。 研究参加者に対してNDA研修/教育を実施し、守秘義務の徹底等、安心して産学が連携・融合できる環境を整えます。

フォトニクス先端融合研究センターを中核として、人・技術・空間が渾然一体となる融合環境を創出し、卓越した研究開発成果と先端科学技術の産業化への転換 に秀でた人材を輩出する、相互浸透型産学協働システムを構築します。フォトニクス関連の基礎研究から出口志向の研究開発、さらには実用化・産業化の開発 フェーズをも融合し、大阪大学と協働機関が対等な立場で運営と研究開発を推進する類例のない産学協働システムを目指します。