PARC project‎ > ‎

フォトニクスは人にやさしい豊かな社会をつくる

フォトニクス先端融合研究センター
センター長
河田 聡 Satoshi KAWATA
(大阪大学大学院工学研究科 教授)


Photonics, succeeding the electronics that supported the 20th century is one of the key technologies that supports the science, industry, and society of the 21st century now. The key aspect of photonics is the "photon", which differs from the charged particle "electron" and can spread freely in the atmosphere, in water and can act as a gentle probe and a messenger for the human body in vivo.

"Optics" is in a sense a base of physics, and without optical research one could not imagine the historical developments of astronomy, mathematics, chemistry, and biology either. "Optics" is expected to contribute more widely and deeply in emphatic fields of nanotechnology, biotechnology, life science, IT, environmental science, and energy science, which are all fields that started at the beginning of the 21st century. Photonics is a useful keyword to describe the cutting-edge role of optics in emerging technology. In particular, photonics describes the application of light-based science to study or create new phenomena with particular emphasis on the interaction of photons with nanomaterials. As a result, photonics is a new transdisciplinarity mode of research that, as Michael Gibbons says, crumbles the walls of a current study system.

Osaka University has historically been a Mecca of optical sciences where the most optical science researchers work, and fields of optics, spectroscopy, photochemistry, and optical biology as well as others, have been developed. Previously, in an effort to search for state-of-the-art science related to the photon and to develop photonics technology for industry, Osaka University promoted the school project "Nano Photonics Initiative". Succeeding this project, the "Photonics Advanced Research Center (PARC)" has been established by the president of Osaka University in July, 2007 as one of the Programs for Realization of Innovation center for fusion of Advanced Technologies by Special Coordination Funds for Promoting Science and Technology sponsored by Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT).

PARC exposes students to a broad spectrum of photonics research which offers unprecedented opportunities for them to participate actively.
フォトニクス技術は、20世紀を支えたエレクトロニクス技術を継いで、21世紀の科学と産業と社会を担う技術としていま脚光をあびています。「フォトン」 は荷電粒子の「エレクトロン」と異なり、大気中、水中、生体内を自由に伝播する人に優しいメッセンジャー、優しいプローブです。このフォトンの最先端科学 を探究し、フォトンを使った次世代の科学と産業を開拓し、フォトニクスの未来を担う人材を育成するべく、大阪大学はこれまで、学内プロジェクト「ナノフォ トニクスイニシアティブ」を推進してきました。そして2007年7月に、科学技術振興調整費による先端融合領域イノベーション創出拠点の形成プログラムの 一つとして、「フォトニクス先端融合研究センター」を設立しました。

「光学」は物理学の基礎であり、天文、数学、化学、生物学の歴史的発展も光学研究なしには考えられません。その「光学」が、21世紀の幕開けに始まったナ ノテクノロジー・バイオテクノロジー・ライフサイエンス、IT、環境、エネルギーなどの重点的分野において、さらに広く深く貢献することが期待されていま す。その時「光学」はフォトンとナノ物質との相互作用の科学「フォトニクス」として、新しい時代におけるイノベーターの役割を果たすであろうと思います。 「フォトニクス」はこれまでの学問体系の壁は崩れギボンズの言う新しいモード(transdisciplinarity)を生み出すことでしょう。

フォトニクスは21世紀の科学と産業と社会において、「先端」であり「融合」であり、「イノベーション」を創出します。大阪大学は歴史的に光科学のメッカ であり、最多数の光科学研究者を拝し、光学・分光・光化学・光バイオロジーなどの分野を開拓してまいりました。そして今「フォトニクス」のキーワードの下 に、総長を総括とした新しいセンター運営を推進しています。本拠点では、学内9の研究室と5つの企業が相互浸透をしながら新たなフォトニクス分野形成を目指します。