Message archive‎ > ‎

Asian CORE Student Meeting 2015

posted Nov 20, 2015, 12:22 AM by PARC Osaka University   [ updated Feb 21, 2016, 6:24 PM ]

I am Natsuo Taguchi, the president of OSA/SPIE Osaka University Student Chapter in this year.  We, Student Chapter annually hold an international student conference which is planned and organized by students.  For the past few years, we have invited many foreign students studying optics and photonics focusing from Asian countries and set up many opportunities to create international networks among the students.  Since different countries have different culture and histories, and people living there have very different thoughts, we  have realized how fresh and interesting it is to have discussions on the bases of a common keyword “Light”, with students from diversified backgrounds.

 

For this year, International Year of Light 2015, we, Student Chapter are honored to hold an international student meeting “Asian CORE Student Meeting 2015” during December 8-9.  We will invite around 50 students from China, India, Japan, Malaysia, Taiwan, and Singapore to create valuable students’ networks.  With a concept “how we should develop our careers in the future”, we will have fulfilling discussions through invited lecturers, panel discussions and group works etc.  It is always one of the significant interests for students to get competent jobs by optimizing their own personalities.  Moreover, career environments have been getting more international especially in Asia, and Japan is not the exception.  In such diversified and international environments, we are sure that it will be very meaning  opportunity for students to exchange their opinions regarding careers.  We will also have two invited lecturers, Prof. Toyohiko Yatagai, Utsunomiya University and President of SPIE; and Prof. Satoshi Kawata, Osaka University and my supervisor.  Because of their diverse experience and thoughts, we expect all attendees to be inspired for their future careers from their talks. We also plan to have oral and poster presentations for their research introduction.

 

Actually, Asian CORE Student Meeting 2015 is smaller in the budget, the number of attendees, and the number of days than the past conferences we had.  However, we have been working so hard for the preparation for more than a half year so that we hope all attendees will be able to  obtain satisfying results.  Now the preparation of this meeting has come to the final stage.  I would like to thank all the chapter staff and PARC staff for helping me to arrange this meeting, and Prof. Yatagai and Prof. Kawata for their warm supports and cooperation.

 

We will continuously do our best for the success of this conference.

Natsuo Taguchi, the president of OSA/SPIE Student Chapter, Osaka University

OSA/SPIE 大阪大学学生チャプターの今年度代表を務める田口です。本学生チャプターはここ数年、学生が企画・運営を行う国際会議を毎年開催しています。アジア諸国を中心として、様々な国で光学を学ぶ学生を日本に招待し、国際的な学生間ネットワーク構築の場を設けてきました。国が異なれば文化や歴史も異なり、そこで暮らす人間の考え方にも大いに違いがあります。そのような多様な背景を持つ学生が一堂に会し、「光」という共通キーワードを切り口にして意見交換することに、新鮮味と面白さを覚えてきました。

 

国際光年である今年も本チャプターは機会に恵まれ、国際学生会議 “Asian CORE Student Meeting 2015” を、128日と9日の2日間にかけて開催します。インド・シンガポール・台湾・中国・日本・マレーシアから約50人の学生を招待し、価値ある学生ネットワークの構築を目指します。今年は「キャリアをどのように今後の将来で築くべきか」というコンセプトのもとで、招待講演・パネルディスカッション・グループワークなどを通じて密度が濃い議論を行います。各々の個性を活かし満足のいく仕事に就くことは、どの時代およびどの国の学生おいても重要な関心事です。そして、今日のアジアにおけるキャリアの環境は年々国際化が進んでおり、日本もその例外ではありません。そのような環境の中で、キャリアに関する意見を様々な国の学生の間で交換することは、非常に有意義なものになると思っています。また、宇都宮大学の教授であり SPIE 現会長の谷田貝豊彦先生および私の指導教員である河田聡先生を、招待講演者としてお呼びしています。お二方が歩んでこられた幅広いご経験や考え方から、今後のキャリアへのヒントを参加者が得ることを期待しています。勿論、参加者による研究紹介も、口頭およびポスターの両方で行われます。

 

今回の学生会議は前年度と比べて、予算・参加人数・日数ともに小規模なものです。しかしその分、参加者全員がより多くのものを得ることができるよう、半年以上かけて準備してきました。その Asian CORE Student Meeting 2015 の準備も、いよいよ大詰めを迎えています。最後に、本学生会議の準備をサポートして下さった OSA/SPIE 大阪大学学生チャプターの皆さんおよび PARC 職員の方々、参加者の皆様、想像を超えるほどに多忙な中を縫って出席して下さる谷田貝先生、そして谷田貝先生を招待講演者として打診した瞬間に電話で直接依頼して下さった河田先生に、厚く御礼を申し上げます。本学生会議が参加者全員にとって最善なものとなるよう、尽力して参ります。どうぞよろしくお願い致します。

大阪大学 OSA/SPIE 学生チャプター代表

田口 夏生

Comments