Message archive‎ > ‎

第3回こども科学の教室「スーパー光塾」を終えて

posted Jun 11, 2012, 12:06 AM by 内山友江   [ updated Oct 16, 2013, 5:18 PM by 中村千里 ]


Successful end of “3rd Kid's Photonics school” -Super "HIKARI JUKU"-

When I once became 4th grade in elementary school, I started recognizing classes as "study" and losing interest in them that I had ever pretty enjoyed. Hearing the one-way-like lecture by teachers, I was just copying letters on the blackboard and couldn't find any positive meaning of "study". I guess the situation is yet similar for current elementary students and I just wanted to show them that “study” could be more interesting. That’s why I undertook the student president of “Kid's Photonics School” this time.
Describing “Kid's Photonics School” -Super "HIKARI JUKU"-, it was the third time for us to have it this year. It is ordinary held by Photonics Center, the department of engineering and OSA/SPIE student chapter in Osaka University. We gather up more students from other departments in the university for organizing members, and approximately 50 elementary school kids will be invited to this event. We focus a main theme on optics and provide several easy scientific experiments or lectures with kids. Every time we get a huge amount of applications – we’ve got 800 applications for only 50 seats this year.
This time, we could get supports from a few big companies and some medias reported this event on their papers/web pages. Also we did some better changes in quality and what we provided with assistances by professors and staffs in Photonics Center. All our fights are just for our guests to have fun with science. We’re very proud to say that it’s been getting really positive feedback after the event.


What is really attractive about this we think is that elementary students and we university students can enjoy two-way communication (not one-way!) throughout the lectures and experiments. It’s been a long since "Moving away from science" come to an issue, but we still want to try the possibilities on showing people that science is not just a subject at schools, but its element can be also found in their daily lives. In addition to that, what we hope with our little students is first: To have fun with our lectures/experiments throughout the event and find out a close connection between science and their lives, second: To enjoy communications with us university students so they could find out new paths on their futures.
It would be really our pleasure if this event could be one of unforgettable experience for participants and would be more than happy if our little students could find out how to enjoy science or studying.
We believe we can even entertain people with science though it is said they are moving away. Writing down blackboard is indeed a good way of studying, but we can also show other options. We can enjoy studying. For me it was pretty impressive sight that kids and university students could learn science throughout communicating each other, and this must imply some hints for consisting future education style, I guess. I'm really proud of fulfilling my responsibilities on student president in this event. I'd like to thank Prof. Kawata, executive director of Photonics center, other member professors, staffs in Photonics Center, and all student members. Thank you.

3rd Kid's Photonics school -Super "HIKARI JUKU"-
Student President / Kentaro Mochizuki

 学生統括として、光塾の準備に走り回った日々が過ぎ、研究に専念する毎日が戻ってきました。今回も大盛況であった「スーパー光塾」が終わった今、学生統括として思うところを述べさせて頂きます。

小学校に入学し、何もかもをがむしゃらに楽しんでいた私ですが、小学校4年生にもなると勉強を勉強として認識するようになり、あれだけ はしゃいでいた学校の授業にも熱りが冷め、ついには教室から脱走するという奇行に走った記憶もあります。先生の一方的な授業を横目に、板書をただただノー トに写すだけの毎日で、勉強を好きになるようなきっかけもなかなか見いだせませんでした。今の小学生も、多くの子は同じような経験をしているのではないで しょうか。そんな彼らに何か勉強を好きになるようなきっかけをつくってほしいという個人的な思いから、この度私は「第3回こども科学の教室」の学生統括に 立候補するに至りました。

 今回で3度目の開催となるこども科学の教室「スーパー光塾」は、大阪大学フォトニクス先端融合センター・工学部・OSA/SPIE学 生チャプター主催のもと、工学部を中心とする学生が集い、小学生約50名を塾生として招待し、「光」をメインテーマとした様々な科学実験を体験してもらう というものです。日本の児童の理科離れが叫ばれる中、日頃身近に存在する「光」について小学生に楽しく学習してもらい、理科をもっと身近に、そして本当の 楽しさを感じてもらいたいという志の下始まった本企画も、毎回定員を遥かに上回る応募があり、いずれも大好評のうちに終わっています。何よりも魅力的だと 思われるのは、小学生と大学生による双方的なコミュニケーションにより講義・実験が行われる点で、毎回塾生にはとにかく楽しく賑やかに理科について学んで もらっていると思います。3年目となる今回は、去年・一昨年と本企画を経験した言わばベテランとなる学生や、初参加ながら個性豊かで活発な学生に恵まれ、 フォトニクス先端融合センター所属の諸先生方・スタッフの方々の協力のもと、規模やクォリティーを向上しつつもこれまでにない新たな取り組みに挑戦して参 りました。科学に親近感を覚えてもらうため、工作実験のいくつかには材料としてお菓子の空箱を用いることを企画し、また多くの学生スタッフが講義に寸劇を はさむことを希望し、研究の合間を縫っては練習を重ねておりました。さらに今回は参加者募集チラシのデザイン・作成やマスコミへの告知などにも力を入れ、 結果的に募集50名枠に約800通の応募を頂き、大手企業からの物資の支援を獲得し、本番ではテレビ局や新聞社などのマスコミが入る中、これまで以上に塾 生の皆さんには楽しんで頂けた企画となったのではないかと思っています。

 塾生の皆さんには、「光」についての講義や実験を楽しんでもらい理科を身近に感じてもらうことを望むのと同時に、我々大学生・大学院 生の言わば若手研究員と触れ合ってもらうことで、それが何かの転機にでもなってもらえればということです。我々お兄さんと話したことやお姉さんと写真を 撮ったこと等は、ささやかなことながらもきっと塾生の皆さんには貴重で大きな思い出となったことと思いますし、冒頭で述べた通りそれがきっかけで理科や勉 強なんかが好きになってもらえれば、それほど我々にとって嬉しいことはありません。

 理科離れが騒がれる中でも、私たちは科学で大いに子供たちを楽しませることができると自負しています。板書を使った授業ももちろん不 可欠ですが、本企画のような形で勉強する機会もあるということを、小学生や学校の先生方そして世間にもっと知って頂きたいです。大学生と小学生が双方にコ ミュニケーションをとって科学について学ぶ光景は本当に感動的で、これからの日本の教育についての大きな手がかりを示しているとさえ、生意気ながら感じて おりました。

第3回こども科学の教室「スーパー光塾」の学生統括を務めさせて頂いたこと、本当に誇りに思っています。ご応募くださった多数の皆様、 参加してくれた塾生のみんな、保護者の方々、フォトニクス先端融合研究センター・センター長の河田先生、諸先生方、スタッフの皆様、そして学生スタッフの 皆に感謝しております。ありがとうございました。

第3回こども科学の教室「スーパー光塾」 学生統括   望月 健太郎


 当日の様子はこちらから


 

Comments