Message archive‎ > ‎

フォトニクスの缶詰を次々に生みだそう -フォトニクスキャナリーはイノベーションのプラットフォーム-

posted May 21, 2013, 7:46 PM by 内山友江   [ updated May 21, 2013, 7:53 PM ]

Let’s Generate Photonics “Cans” One after the Other

-The Photonics Cannery is an Innovation Platform-

I am Eiichi Tamiya, Vice Director of the Photonics Center (PARC). The Photonics Advanced Research Center (PARC) was established in 2007 under the Program for Realization of Innovation Center for Fusion of Advanced Technology sponsored by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT); it is quite literally a research center created for the purpose of generating innovation. 

In his “The Theory of Economic Development”, economist Joseph Schumpeter advocated innovation as a means of introducing five new methods of carrying out economic activity: “production of new commodities” , “introduction of new production methods”, “opening up of new markets”, “development of new sources of supply”, and “attainment of new industrial organization”. “Creative destruction”, a term coined by Schumpeter, is said to have been used as the metabolism for sociological economic activity (Wikipedia). 

Prof. Tom Baer of Stanford University, who presented a lecture at the recent Photonics Day, defines innovation simply as “the process of transforming scientific theories and experimental research results into products and services that are beneficial for society”. 

It seems to me that the word “destructive” is generally emphasized far too much, but nevertheless, there is no mistaking the fact that innovation must include originality at its core. 

In terms of pursuing originality, academic and economic interests aim for different goals, but I believe that university researchers and entrepreneurs also share certain similarities. I myself am starting up a company, and so every day my mind switches back and forth between “researcher” and “entrepreneur”. In certain aspects, synergistic effects are very useful. 

Innovation of innovation methods themselves is required. I believe that the Photonics Center are aiming towards the innovation platform: bringing together the following factors.

Researchers and students with entrepreneurial mindsets

Business groups pursuing photonics innovation

Small and medium-sized companies and venture businesses pursuing new product development in the photonics field

A place that unites researchers, technical personnel, equipment, and space

As mentioned above, researchers who ponder innovation every day 

We call this overall system the “cannery”. Here it is possible for individuals, venture businesses, small and medium-sized companies, and large companies pursuing photonics innovation to customize research and utilize facilities in accordance with their respective objectives and the “cans” they each wish to create. The Photonics Center Cannery is truly a platform for generating such innovation.

Prof.  Eiichi Tamiya vice director

フォトニクスの缶詰を次々に生みだそう

-フォトニクスキャナリーはイノベーションのプラットフォーム-

 

フォトニクスセンターの副センター長を担当している民谷です。このフォトニクスセンターは、2007年に文部科学省、先端融合領域イノベーション創出拠点形成プログラムに採択された「フォトニクス先端融合研究拠点」として発足しました。まさしくイノベーションを創出するためのセンターです。 

イノベーションは、シュンペーターが『経済発展の理論』で、経済活動において以下の5タイプの旧方式から飛躍した新方式を導入することとして提唱されました:新しい財貨の生産、新しい生産方法の導入、新しい販売先の開拓、新しい仕入先の獲得、新しい組織の実現。創造的破壊という言葉は、社会学的な経済活動における新陳代謝に用いられたようです(ウィキペディア)。先日のフォトニクスデイで講演されたスタンフォード大学トムベアー先生は、イノベーションとは「科学的理論や実験研究の成果を、社会に利益をもたらす商品やサービスに転換するプロセス」と端的に定義されています。どうも一般に「破壊的」と言う言葉が強調されすぎているようにおもいますが、いずれにしてもイノベーションにはオリジナリティが核心に含まれていなければならないのは間違いないでしょう。オリジナリティを追求する点では、学問と経済利益と目指すところは異なりますが、大学研究者も起業家も類似したところがあるように思います。私自身、起業しているので、日々、研究者としての頭と、起業家としての頭を切り換えています。ある部分では、相乗的な効果が役に立っています。 

イノベーションの方法そのものをイノベーションすることが求められています。私は、フォトニクスセンターは、イノベーションのプラットフォームを目指していると思います。それは、次のファクターを揃えていることです。

・起業家マインドを持った教員・学生

・フォトニクスのイノベーションを目指している企業群

・フォトニクスで新製品開発を目指している中小企業・ベンチャー群

・研究者、技術職員、装置・スペースの一体化した場

・そして上で述べたように、日々革新について思いを巡らせている研究者

これら全体・システムをキャナリーと呼びます。ここでは、フォトニクスイノベーションを目指す個人、ベンチャー、中小企業、大企業が、それぞれの目的・それぞれの作りたい缶詰に合わせてカスタマイズして活用することが出来ます。フォトニクスセンター・キャナリーはまさにそのようなイノベーションを生み出すプラットフォームなのです。


フォトニクスセンター 副センター長 民谷 栄一

Comments