Message archive‎ > ‎

New Year's greetings / 新年のあいさつ

posted Jan 4, 2016, 4:12 PM by PARC Osaka University   [ updated Feb 21, 2016, 6:23 PM ]
Happy New Year!

This year heralds the 10th year for the Photonics Advanced Research Center, a critical juncture for our organization. During this time we have striven to be an organization that creates industrial innovation in photonics while exploring new forms of industry-university collaboration and while engaging in many challenging initiatives. Our aggressive stance toward interdisciplinary integration is already churning out results in the form of commercialized devices and photonics venture companies. We believe our next step is to grow the Photonics Center into a global photonics center to which leading photonics companies will converge and to which we will attract the world’s brightest researchers and engineers.

The Photonics Center has also developed a platform for talent development through the promotion of international joint research programs with Asian research institutes in which graduate students and young researchers frequently visit from/to Japan. Our next desire is to form a research network between the world’s photonics research institutes and to deploy a global “brain circulation-type” talent development program as we pave the way on the photonics platform in a new academic area on a global scale.

also approached for our annual Photonics Day, which will be held on Wednesday afternoon, January 27. The slogan for this year is “Osaka University changes the world with light!” Dr. Eiichi Maruyama, an Advisory Committee member, will deliver the keynote, “Japan’s Science and Technology,” which will be followed by presentations on the Photonics Center’s past initiatives for innovation creation and future Center initiatives. We look forward to an active and enthusiastic discussion with all of you on the future of the Photonics Center.

We wish you all the best and look forward to serving in the new year.


January 5th, 2016

Yasushi Inouye, Executive Director of Photonics Center, Osaka University


新年あけましておめでとうございます。

 

今年は、フォトニクス先端融合研究拠点として、フォトニクスセンターが活動を開始して10年目という節目の年となります。産学連携の新たな形態を模索しながら、数々の取り組みに挑戦し、フォトニクス関連の産業イノベーションを生み出す組織づくりを推進してきました。異分野融合による研究開発を積極的に進めてきたことで、すでに製品化された機器やフォトニクスベンチャーの起業など成果が次々と出てきています。次は、フォトニクスセンターをさらに発展させ、フォトニクスの先端企業が集積し、世界から優秀な研究者や技術者を呼び込める世界的な拠点づくりを目指していきたいと考えています。

 

 また、フォトニクスセンターでは、大学院生や若手研究者らがアジアを中心とした海外の研究機関との間で頻繁に行き交うなど国際的な共同研究を推進しながら人材育成を行う基盤も整備してきました。次は、世界中のフォトニクス関連の研究機関との間で研究ネットワークを形成し、フォトニクスを基盤とした新たな学術領域を世界規模で開拓しながら、頭脳循環型のグローバル人材育成への展開を行っていきたいと考えています。

 

 さて、毎年恒例のフォトニクス・デイを1月27日(水)午後に開催いたします。今年のキャチフレーズは「阪大が光で世界を変える!」です。諮問委員のお一人である丸山瑛一先生に「日本の科学と技術」と題した基調講演をいただいた上で、これまでのフォトニクスセンターにおけるイノベーション創出活動やこれからの取り組みについて紹介するとともに、フォトニクスセンターの未来を皆様方とともに喧々諤々議論していきたいと思います。

 

 

 本年も、何卒、よろしくお願い申し上げます。

 

201615

フォトニクスセンター長 井上康志

 

Comments