Message archive‎ > ‎

3つの深い教訓/Three Profound Lessons

posted Jan 27, 2014, 3:52 PM by PARC Osaka University   [ updated Jan 27, 2014, 3:53 PM ]
On August 8th, 2013, I began my six-month sabbatical leave research in Photonics Center, Osaka University. In addition to my research study in the field of tip-enhanced Raman spectroscopy, I have learned three profound lessons.

First, my visiting experience to Photonics Center was that one could immediately understand why the research programs here are world class. As I went to several laboratories and saw advanced experimental techniques on biomedical and plasmonic images as well as nanophotonics, there were either postdoctoral fellows or Ph.D. students from all corners of the world giving me clear answers to many of my naive questions. I was truly impressed that Photonics Center promotes the research projects with initiative, innovative, and intellectual characters.   

Second, I participated in a number of research and educational activities, for example, UV-DUV Plasmonics and Nanophotonics Workshop, Photonics Center e-learning, and 4th Photonics Kid’s school. These activities were spiritually led by Prof. Kawata and actively developed with students, faculty, and staff members in Photonics Center. The mission of these activities is to attract and nurture young talent covering from graduate students to elementary school students. Such strategy is a perfect fit with what Confucius said: teach in line with the student’s ability.

Third, thinking further about the key elements embedded in Photonics Center, the first one is diversity and the second one is continuity. The diversity is a nature outcome of globalization and action in Photonics Center. This creates value by opening minds and thoughts. The continuity is linked with patience. Results of excellent research need long-time efforts supported by Photonics Center. Where there is a will, there is a way.  

I am very pleased that I acquire a bunch of harvest from my visit. Most importantly, many thanks for the warm hospitality I receive from everyone at Photonics Center.

Hsiang-Lin Liu, Professor of Physics, NTNU, Taiwan
2013年8月8日に、大阪大学フォトニクスセンターでの私の6ヶ月の研究休暇が始まりました。先端増強ラマン分光法分野での調査研究に加え、私は3つの深い教訓を学んできました。

第一に、フォトニクスセンターで経験したのは、ここでの研究プログラムはワールドクラスであるという事がすぐに理解できた事でした。いくつかの研究室を訪れ生物医学やプラズモンイメージだけでなく、ナノフォトニクスの高度な実験技術を見た時、私の多くの素朴な疑問に対する明確な答えを与えくれたのは、世界のいたる所から来たポスドクや博士課程の学生でした。私はフォトニクスセンターが自発的、革新的、そして知的な研究プロジェクトを推進している事に本当に感銘を受けました。

第二に、私は数多くの研究や教育活動、例えば、UV- DUVプラズモニクス ナノフォトニクス ワークショップ、フォトニクスセンターeラーニング、そして第4回こども科学の教室スーパー光塾に参加しました。これらの活動は河田教授に率いられ、フォトニクスセンターの学生、教員、スタッフにより積極的に開発されました。これらの活動の使命は、大学院生から小学生に及ぶ若い才能を引き付け、育成することです。生徒の能力に沿ったものを教える:このような戦略は、孔子の教えとぴったり一致します。

第三に、フォトニクスセンターに根付いている主要な要素、1つ目は多様性、そして2つ目は継続性、についてさらに考える事です。多様性は、フォトニクスセンターのグローバル化と行動による自然の結果です。これは心を開き考える事で創られます。継続性は忍耐により繋げられます。優れた研究結果には、フォトニクスセンターのサポートによる長時間の取り組みが必要です。意志がある所には、方法があります。

私は今回の訪問で多くの収穫を得られた事をとても嬉しく思います。
最も重要なのは、私がフォトニクスセンターの全ての人から受けた温かいおもてなしに多大な感謝をしているという事です。

国立台湾師範大学 劉 祥麟 物理学 教授
Comments