Message archive‎ > ‎

メンバーになろう!

Let's join us!

Year 2012 has been a most pleasant year at the photonics Center of Osaka University. In lJapan, people complain that our country has lost power, and its politics has been totally in a mess. But, our Photonics Center is vital, energetic and confident. 
The year has started with my message, " Why don’t we have a cannery?". We want to produce a variety of cans containing photonics. What are you guys coming from university labs and partner companies doing here? We produce cans! What is contained? That's a secret! But at least I can tell you that  many kinds of cans will be sold soon. A number of scientists and engineers are working in this cannery. I will show it to you. 

So, we titled the Photonics Day “Welcome to our photonics cannery” this year and hosted guests from optical SMEs (Small and Medium Enterprises...it’s not a short name of Sony Music Entertainment).

There’s been a downturn in Japanese manufacturing business. Commoditization drives and competing companies in Asia manufacture similar products in low-cost. Japanese enterprises aim and try to produce higher performance, functionality manufactures to differ their products from the others, but it requires new investments that cost high. What if it’s not just a company, but a university venture...?

In our cannery, there’s various equipment and facilities open for researchers in universities and SMEs, who intend to start-up new businesses. Why don’t you build a company, and why don’t you invent a new product? That’s what Photonics Center aims at and let’s make the university-launched innovation happen.

This year all the colloquia we held had a throughout theme of entrepreneurship. All the research themes are also new business start, new products, and new market development. In my opinion, basic studies should be researched using Grants-in-Aid for Scientific Research, and the grants from Photonics Center should be used for pure new industry creation. An innovation cannot be created from a plan, which is already scheduled. It can be created throughout all the failures and challenges. In this point of view, we called for entries of business startup and productization last year. Reviewed by adjudicators from outside organizations, 4 projects were adopted. All these projects are concretely planned to startup new business/productization within 2 years.

By little and little I feel the culture has changed here. I assume that the MEXT project we’ve got the grant (the realization of innovation centers of advanced technologies fusion with special coordination of regional Industry and university) is not for the benefit of collaborate companies by funding them the development expenses, should be for the benefit of the public by radicating this culture in university societies. Now universities are expected to contribute not only to academic fields, but also to society.
In that point, the adventures we started from this year is something looking forward to. Stay tuned.
Satoshi Kawata, Executive Director
December, 10th, 2012
メンバーになろう!

フォトニクスセンター、2012年もとっても元気でした。日本の国は元気がなくて、日本の政治は混沌としていると言われていますが、私達は元気溌剌です。今年のセンターは、私が「缶詰工場」を作りたいといったことから始まりました。フォトニクスセンターから色んな缶詰を売り出したい。大勢の科学者・技術者が大学とパートナー企業から集まって、このセンターで何をしているの?缶詰を作っているんです。缶詰の中身は?まだ秘密。でも、たくさんの種類の缶詰が販売される予定です。それぞれの科学者や企業が、このフォトニクスの缶詰工場で働いています。工場をお見せしましょう。

と言うわけで、今年のフォトニクスデイでは「ようこそフォトニクスの缶詰工場へ」と題して、光関連を中心としたSME(中小企業と呼ばずに、私達はSmall and Medium Enterpriseと呼びます。Sony Music Entertaimentの略ではありません。)の方々をご招待しました。

今、日本の製造業は大変厳しい時代にあります。製品のコモディティー化が進み、アジアの競合企業が低価格の製品を作ります。日本はその先を行って、もっと高性能高機能の製品を作りたいんだけれど、製造設備の新規投資にはコストが掛かります。ましてや製造業の大学発ベンチャーの起業は、とても無理?

私達の工場には、大学関係者やSMEの方が新しいビジネスを始めようと思ったときにすぐに役立つ機械をたくさん揃えました。これらを使って、起業をしましょう。新製品を開発しましょう。このセンターを活用して、大学発のイノベーションを起こしたいと思います。

今年のフォトニクスセンターのコロキウムは毎回全て、この起業、アントレプレナーシップをテーマにしました。研究テーマも全て、新企業・新製品・新産業創出です。自分のやりたい基礎研究は科研費などでおやり下さい。フォトニクスセンターの研究資金は全て、産業イノベーション創出に使います。イノベーションは、予定された計画からは生まれません。失敗と挑戦の中から生まれると思います。そこで、昨年度にセンターに関わる教員から企業・製品開発のコンペを行いました。外部審査員に評価をいただき、4プロジェクトを採択しました。全て、具体的な起業・製品化計画が2年以内に設定されたものです。

少しずつですが、カルチャーが変わって来たと感じています。私達が文科省から助成を受ける先端融合イノベーション領域の形成プログラムは、参画した特定の企業の研究開発費を負担してそれらの企業を金儲けさせることが目的ではなく、大学にこのような新しいカルチャーを根付かせ、学術つに限られることなく広く社会に貢献する大学に転換させることが趣旨だと思います。その意味で、今年から始めた冒険は、ちょっとした楽しみです。ご期待あれ。
センター長 河田 聡
2012年12月10日