home‎ > ‎無題‎ > ‎

菊地和也教授が、井上科学振興財団2012年度第29回井上学術賞を受賞

posted Dec 19, 2012, 10:49 PM by iwasaki@parc.osaka-u.ac.jp   [ updated Dec 20, 2012, 5:21 PM ]
当フォトニクスセンターメンバーの菊地教授が、井上科学振興財団より研究題目「
化学プローブのデザイン・合成による分子イメージング」で2012年度第29回井上学術賞を受賞されました。「蛍光プローブや機能性MRI プローブを設計・合成し、実際に生体内において応用し、この成果によって、基礎化学原理を基にしたライフサイエンス研究を実現した」(第29回井上学術賞授賞理由)。菊池教授は、Seventh Photonics Center Symposium "Nanophotonics in Asia 2012" date: 18th (Tue), 19th (Wed), September 2012, KanazawaにおいてDesign, Synthesis and Biological Application of in Vivo Imaging Probes with Tunable Chemical Switchesの招待講演を行っています。
Comments