home‎ > ‎無題‎ > ‎

大阪大学未来戦略機構国際シンポジウム Opto osaka 2015が開催されました

posted Jan 15, 2015, 1:24 AM by 倉田早織   [ updated Jan 19, 2015, 9:15 PM by iwasaki@parc.osaka-u.ac.jp ]
2015年1月14日(水)、大阪大学未来戦略機構の主催により、大阪大学未来戦略機構国際シンポジウムOpto Osaka 2015を開催いたしました。大阪大学平野俊夫総長、文部科学省川上伸昭科学技術・学術政策局長、パナソニック株式会社代表取締役副会長・関西経済連合会副会長
松下正幸様、総合科学技術・イノベーション会議久間和生議員のご挨拶の後、兒玉了祐教授より未来戦略機構光量子科学研究部門のご紹介を頂きました。
その後、インペリアルカレッジロンドンのSir John Pendry教授、スタンフォード大学のThomas Baer教授、阪大の河田聡教授の基調講演、Nicholas Smith准教授、Prabhat Verma教授、森勇介教授の講演が行われ、ご自身の研究内容や米国の光科学技術政策、生活、産業、社会への波及効果、そしてなぜ今光なのか、その中での大阪大学の役割などについて語られました。
当日は多くの企業からの参加者を含む400名を越える来場者を迎え、講演はもちろん、約100の研究室によるポスターセッションも大変盛り上がりました。
ご登壇頂きました皆様、ご来場者様、ポスター発表を頂いた研究室の皆様により有意義な国際会議となり、これを基に大阪から光科学の研究が大いに発展することが期待されます。

大阪大学HPに掲載されたOpto Osaka 2015の記事はこちら

Comments