home‎ > ‎無題‎ > ‎

11月4日、10月29日 本センター研究成果が新聞で報道されました

posted Oct 31, 2013, 10:26 PM by iwasaki@parc.osaka-u.ac.jp   [ updated Nov 4, 2013, 11:18 PM ]
カーボンナノチューブやグラフェンなどの炭素ナノ材料は、様々な応用が期待され、フォトニクスセンターでも多くの研究が行われています。歪み・欠陥と電子・光学物性の関係を詳細に明らかに出来る本分析技術は、ナノ材料・ナノデバイス研究を大きく発展させるものです。10月29日 日経産業新聞、11月4日読売新聞で報道されました。既報(10月8日 日刊工業新聞)も参照してください。

Comments