home‎ > ‎

平成25年度フォトニクスセンター起業・製品化公募について/ Photonics Center calls for entries of business startup / productization projects in photonics for year 2013


Strict selection was performed on 12/18 (Tue) 1400-1730, and 19 (Wed) 1000-1600 by the selection committee that is constituted by Four external committee members including chairperson Eiichi Maruyama  (RIKEN Innovation Center  special adviser) and the photonics center program manager.

[The general remarks by the selection committee]

The applications for the Small business startup/ Commodification projects program for FY 2013 seem to be much advanced compared with last time; with stronger Entrepreneurial Mind and more concrete and in-depth proposals, some with high concern to business plans. If the route which connects the state-of-the-art technology of a university to society is clarified, it is expected that business startup/ commodification further expand.

Some proposals were based on researches that had been intended to apply real productions and the others were set up their stories prior to enter the contest. It is expected that most applicants would be the former type as in e. g. US. Some proposals will still become stronger by taking into consideration that who would be the clients/users. However, as stated above, it is highly evaluated that, by programs such as colloquium and photonics day at the photonics center, Entrepreneurial Mind is increasing the year later on.

For a small business startup/ Commodification from a university like the photonics center, it must avoid direct subcontract and profits contribution of a specific company and at the same time, one must handle properly maintenance/ protection and licensing of a patent from a university. We recommend institutionalizing appropriate rules which can cope with such problems by discussing with relevant ministries and agencies from now on.

As it is very meaningful that many faculties, researchers and students challenge Small business startup/ Commodification, even successful cases may be small, continuing such pilot-project contest further is desirable.


As well as this year, Photonics Center calls for entries of project plans for business startup / productization in the study of photonics area for next year.The adopted projects this year have been working on. We are also open for the retry projects, hopefully with additional achievements of this year. Of course brand-new proposals of new business models are very welcome too.


It’s been 6 years passed since PARC, Photonics Advanced Research Center, has been established and we are required to have an intermediate scrutiny next year and to complete our mission statement in 4 years.Our mission is to develop innovative products in photonics and to create new markets. Based on this background, now we are widely open and call entries of business startup / productization project plans in photonics.As well as last year, projects should be planned within the either scope of below mentioned points:

 1) Business startup – This case is that the project planner establishes a company and launches the own products based on the research achievement in 2 years.

 2) Productization – This case is that the project planner collaborates with a company to launch their own products based on the research achievement in 2 years.

 Please kindly note that in these both cases project plans should be planned upon any existing research outcomes. Project plans for future researches are outside of the scope of this call for entries.

The proposed project plans should be prototyping, packaging the planners’ research outcomes to launch new products in market, and in that point we PARC is going to support.

Also, the project plans should be realized and completed in 2 years after the entry and please show the roadmap in your annual plan.

 Conditions:

The project plan should be described with a concrete business plan/roadmap based on the achievements of your research, indicating your business plan, strategy and what is the appeal of the product and advantage of your project.

The business should be started / realized by the end of year 2014.

The plans should be related to photonics.

 Please download the prescribed form in the bottom of this page and describe freely about your project including below points:

1.Research outcome/progress to be based on this project

2.Concrete business startup/product concept/plan, the objective, the goal with expected sales volume or roadmap

3.In what point your project appeals to the one of Photonics Center’s mission: supporting business startup/productization and creating new markets?

4.The reason for business startup and advantage of the product

5.Budget scale / annual planMax. 5 years

*Projects will be reviewed on a single-year base.

 Deadline: 7th December, 2012

Project plan should be sent to: Prof. Sakai sakai★parc.osaka-u.ac.jp (★⇒@)

 Presentations:

In addition to the project plan entry, presentations are required for our selection board’s review on the date accordingly.

Detailed information regarding presentations will be coming up later.

PlacePhotonics CenterP3Meeting room213  (AnteroomRoom220)

DateAfternoon of 18th December & all day of 19th December, 2012


表記起業・製品化応募発表会が開催されました。丸山瑛一委員長(理化学研究所イノベーション推進センター 特別顧問)をはじめとする4名の外部委員とフォトニクスセンタープログラムマネージャが選定委員会を構成し、12/18(火)1400-1730、19(水)1000-1600 に厳正な審査を行いました。



【起業・製品化選定委員会全体講評】

 今回の第2回目の応募は、前回に比べ起業・製品化の意欲がより強く、具体的に踏み込んだ提案が多く、力強く感じられた。大学教員などの起業家マインドが高く、また、ビジネスプランに関心が高い発表も多く見受けられた。大学のすばらしい技術を社会へ繋げる道筋を明らかにすれば、起業・製品化がさらに拡がると期待される。

 自分の研究をはじめから製品化しようと意識している提案と本プログラムがあるから応募したという提案の2つに分かれていた。アメリカのようにはじめから関心を持つよう意識改革を進める必要がある。また、誰がお客さんかについてより強く意識すると更に良い提案になると思われる。ただ、上にも述べたように、フォトニクスセンターでのコロキアム・フォトニクスデイなどのプログラムにより、年を追って起業・製品化意欲が高まっていることは評価される。

 フォトニクスセンターのように大学から起業し製品を生み出す場合、特定の企業の直接的な下請け・利益貢献を避けなければならないと同時に大学発の特許の維持・保護と許諾の条件設定の難しさもあり、その様な問題に対応できる制度化を今後関係省庁と議論していただきたい

 起業・製品化に成功する数は少なくても、多くの大学教員・学生がチャレンジするのは非常に意義があるので、本募集事業は引き続き実施するのが望ましい。


平成24年度に引き続き、来平成25年度のフォトニクスセンター発起業・製品化の公募を行います。今年度の採択案件は起業・製品化に向けてすでに動き始めております。再チャレンジに採択された案件は、この1年間の成果を基に積極的に応募されるよう御願いします。さらに、新たなテーマやビジネスモデル等の提案も大いに受け付けます。採択されたテーマについてはセンターより様々なサポートが受けられます。



概要

提案書は、科研費申請のような研究課題中心の記述ではなく、これまでの研究成果を踏まえた起業・製品化のビジネスプラン(事業を進めていく上での「戦略」、「優位性」などという側面や、第三者に対して申請者の事業の魅力の訴求、事業に対する協力や支援を求めるときの「説得材料」など)を記述してください。

提案要件

1.2年以内の起業・製品化提案であること

2.フォトニクス関連の起業・製品化提案であること

提案書項目(具体的且つ、簡潔に)

1.提案の基となるこれまでの研究成果

2.起業・製品化構想の具体的内容、達成目標、及び具体的な進め方(売上規模額、ロードマップ等)

3.本起業・製品化によるフォトニクスセンターへの効果について(市場規模等)

4.起業・製品化の背景・優位性

5.予算規模、年次計画(最長5年)

 (審査は単年度に対して行います。)

【締切:平成24年12月7日】

提案書のフォーマットは本ページ下部の添付ファイルをダウンロードしてご利用下さい。

提出先:フォトニクスセンター 坂井 sakai★parc.osaka-u.ac.jp (★⇒@)


プレゼンテーション

場所:フォトニクスセンター(P3)大会議室213 控え室:2階220

期日:平成24年12月18日午後及び19日全日

プレゼンテーションの詳細につきましては後日ご案内いたしますが、今回は遠隔会議形式ではなく、選定委員の前でプレゼンテーションを行っていただきます。


起業・製品化公募提案書の作成における注意点:

フォトニクス先端融合研究拠点(PARC)は今年度で6年目に入り、来年の中間審査、そして4年後にはミッションステートメントの達成が求められています。PARCに課せられた使命は、フォトニクス分野の革新的製品を開発し、新しい市場を創造することといえます。以上のような背景のもとに、今回の起業・製品化公募(以下、本公募とよびます)があります。
昨年度に引き続き、研究者自らが会社を設立して製品を市場へ投入する方法(以下、起業化とよびます)と研究者の成果をもとにしてパートナー企業が製品化を行って市場へ投入する方法(以下、製品化とよびます)のいずれかの提案を公募します。
本公募は科研費のようにこれから基礎研究を行う課題を対象としているわけではなく、これまでの研究成果をもとに、実用化の可能性が高いものが既にあって、その中からプロトタイピングを行うことにより商品としての可能性を高め、革新的製品としてパッケージングしてゆくような提案を支援することを基本方針としています。本公募は2年以内に起業化または製品化するものを対象とします。3年以上の期間を経て起業化・製品化するものは対象としませんので、年次計画には必ず2年以内に起業化または製品化できるよう計画をたててください。 本公募への応募にあたりましては、以上のことを踏まえたうえでご提案いただきますよう、お願いいたします。




エントリーされた方、エントリーをお考えの方こちらも参考になさってください。
eラーニングフォトニクス起業講座
https://el.parc.osaka-u.ac.jp/
フォトニクスで起業を果たした先輩、ベンチャーキャピタル社長など、
キャンパスではなかなか会えない講師陣による講座です。
※フォトニクスセンターeラーニングは、阪大個人IDをお持ちの方と、
フォトニクスセンターパートナーの方にのみ、公開しております。
ĉ
内山友江,
Oct 23, 2012, 12:28 AM
ĉ
内山友江,
Nov 4, 2012, 3:49 PM
Comments